新・日々の暮らしに疲れてない?

一人バンド、火頭工房

はぁ...今月もデータ通信量のやりくりが大変だわ...。

光回線のない田舎に住んでいる火頭です。ネットはテザリングでまかなう猛者(もさ)であります。

 

シムフリーのケータイで10ギガのプランにしていますが、はっきり言って10ギガあっても足りないといえば足りません、おかげでむやみに動画見たりとか音楽聴いたりとかしなくなりました。

 

私のプランには3日で1.7Gの制限がついていて、これが結構ネックなんですよね。毎日500メガずつくらい使っていればそりゃ安全なのですが、そうはいかないもので、ある日はほとんどネットを使わないかと思えば、まとめて音楽や動画を見たりして1ギガ近く消費してしまったり...こうなってくると向こう2日ほどネットの使用を考えないといけませんので、面倒です。

 

ちなみにテザリングでネットを使うと、スマホだけで通信するよりも多く通信量が発生します。なのでPCでのネットサーフィンを減らすのが一番良いです。あとは寝る前にスマホのデータ通信をオフにしたり、低速モードに入れたり...うーん、涙ぐましい。

 

ま、そんなのケチくさいし、他の方法をご紹介。

 

イチオシなのがChromeブラウザに拡張機能として取り入れられるデータセーバー。自動で通信量を減らしてくれます。

chrome.google.com

スマホChromeにはデフォルトで入っているっぽく、設定にこのデータサーバーの項目がありますのでオンにしておくのがおすすめです。データ通信量を20~30%抑えてくれます。

 

PC版は上のリンクからダウンロードしてください。ボタン一つでオンオフが可能、オンにしても特に速度に影響を感じないので(テザリングですし)私は基本つけっぱなしです。

 

残念なことに一部のサイト(https系のサイト)では効果が無視されます、そしてとても残念なことにYouTubeがこのhttpsサイトに当てはまり、データの削減をしてくれません。

 

スマホであれば、Opera Maxというアプリがあります。こちらはYouTubeであろうとどんなアプリのデータでも削減してくれるというスグレモノですが...削減指定したアプリの動作に影響を与えすぎる感があります、対象のアプリが強制終了することがあります、設定で個別にオンオフを指定できるのですが...ちょっとねぇ。

 

PCであればもう一つ、広告表示を抑えるこの拡張機能もおすすめです。

chrome.google.com

元は通信量削減を狙ったモノではありませんが、まず広告をブロックするだけでも嬉しいことと、自動でブロックされない広告は手動で消せます。というかhtmlタグを指定して消しているっぽいので広告以外も消せます、これを悪用し、よく使うサイトの気にいらないセクションは片っ端から消しております 笑。

 

仕組みはよく分からないので、通信量削減にはどれほど効果があるかはわかりませんが、画像を読み込まないだけでも多少の効果が期待できるのと、表示が快適になるのは嬉しいですね。

 

ほいじゃまた。