読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・日々の暮らしに疲れてない?

一人バンド、火頭工房

クローム拡張機能まとめ。

どうも火頭です。

 

今まで作ったグーグルクローム拡張機能の説明です。

これらの機能、自分が欲しくなって作ったモノなので、実際に自分でもバリバリ使っています。どれもそれなりに愛着があり、役に立ってくれています。

 

個別に、技術的なポイントや、気づいたことをコメントしたいと思います。 

 

 

1つめ。「Tab Shortcuts」

 

これが一番役に立っている気がするので、これから。

chrome.google.com

マウスクリックにイベントを取り付けるタイプの機能、Tabs APIWindows APIを使いました。

 

左クリック長押しでリンクを新タブで開き、右ダブルクリックで現在のタブを閉じる。シンプルなだけに強力、とても便利です。

 

バグが多かったのもこの機能で、動画の再生ボタンが押せなくなったり(いかがわしい動画ではない)イベントが思うように発火しなかったり、クリック制御は色々試してみないと分からないことが多かったです。そもそも全ての拡張機能が作動しないページや要素も存在し、それを知らないユーザーからすると不満が残るかも。

 

この機能を作った辺りから、ポップアップウィンドウで機能のオンオフが出来るようにしたり、自分のサイトへのリンクを貼りはじめたり、拡張機能を作る時のテンプレートになっています。

 

 

2つめ。「Page Scroller」

 

左クリックを押しながらブラウザの左端を触るとページトップまでスクロール、右端を触るとそのスクロールをキャンセルする、という機能。

chrome.google.com

 最近長いサイトが多いじゃないですか、まとめサイトとか。上まで戻るのが面倒だったりするので、自作しました。

 

これもマウスクリック系の機能ですね、あとはページのサイズやクリックした位置を取得しスクロールメソッドを使うだけ。

 

最近ではサイト側が気を利かせてスクロール機能を導入していることも多いですが...私はスマホJavaScriptはオフ、PCでは余計な要素は表示できないようにブロックしています。

 

※余談ですが、邪魔なウェブ広告は大抵JavaScriptで動作しています、オフにすると一掃されてめちゃくちゃ快適になります、代償としてページの表示が崩れたり、閲覧自体できなくなったりするので、そこはトレードオフでございます。

 

ちなみに、公開版とは別のプライベート版では、右タッチでページ最下部にスクロールする仕様にしています。←使用感は一長一短。

 

 

3つめ。「YouTube Quality Adjuster」

 

何を隠そう一番ダウンロードされている機能がコレ、さすが世界のYouTube

chrome.google.com

自動で画質調整をしてくれる機能です。私がド田舎住まいで、テザリングだけでネットをまかない、データ使用量削減にやっきになったことから生まれた機能。

 

YouTubeのページに直接JavaScriptファイルを埋め込むことで動作しています。あとはプレイヤーを getElementById() で取得すれば、画質や再生のコントロールが出来ます。

 

ごくマレに機能が効いていない時がありギョっとしますが、理由は不明。偶発的なのでソースコードのロードのタイミングとかそんなんかな。

 

プライベート版ではさらに設定をいじって、画面を自動でシアターモードにし、音量は7割くらいで再生するように設定しています。フフン。

 

 

4つめ。「Google Search Filter by Period」

 

グーグル検索の期間指定をALTキーで指定できるというショートカット。

chrome.google.com

技術的には、URL取得と、文字列の操作。

 

使ってみて、機能の作動をALTキー1つに頼っている所がネック。情報によって、一週間指定をしたい場合と、2年指定をしたい場合ありますもんね。

 

別にショートカットキーを複数割り当てれば解決なんですが...ってかユーザーがキーを選べるようにすることも可能なんですが...実際にプライベート版では複数割り当ててるんですが...メンドクサイ

 

 

5つめ。「Type Helper Plus」

 

最初に作った機能です。データベース機能とDOM操作で実装。

chrome.google.com

フォームにメールアドレスやパスワードを打ち込む手間を減らす目的で作ったのですが、たぶん多くの人はオートログインを使っていることと、特定のページではログイン認証に失敗するので、良くないですね。

 

例えば私の場合、シフトキーを押しながら「hh」とタイプするとホットメールのアドレスが入力されたりするのですが、実際にホットメールのページで試すとアドレスの認証に失敗します。アドレスは手打ちし(コピペでもOK)パスワードで機能を試すと、これは通ります、サイト側の処理が違うんですかねぇ。

 

パスワード関連でユーザー体験を損ねてしまうと致命的です。私はこの「クセ」を知っているので、うまく付き合っています。

 

 

6つめ。「Your Eye Protection」

chrome.google.com

機能1 ウェブサイトの背景をマイルドな色にしてくれます。

機能2 フォントの大きさを変えてくれます。

 

 背景が黒とか白とかは目に悪そうなので、作りました。

 

以上、今までに公開した拡張機能のまとめでした。

もう作るモノもないという噂もあります。